【出会える】パパ活アプリ9選!いい女と出会う方法も伝授!

  • 2020年12月8日
  • 1702View
この記事を書いた人:

パパ活とは、女性が経済面で余裕のある男性と共に過ごして、その対価としてお金を得る活動のことをいいます。

「パパ活アプリって本当にあるの?」
「危険なんじゃないの?」

こういった疑問を解決するべく、今回はパパ活アプリが本当にあるのかどうかその実態を調べてみました!

パパ活アプリ事情について詳しくまとめていくので、少しでも興味のある方はぜひ最後までご覧ください。
また、安心して使えるおすすめのパパ活アプリもご紹介していきますよ。

マッチングアプリについて

パパ活アプリとはマッチングアプリの中の1つです。
マッチングアプリとは、オンライン上で恋愛活動・婚約活動・セフレ探しなど目的のある人同士を結びつけるアプリです。

マッチングアプリは出会い系サイトとは異なり、身分証明書などの提出やアプリ運営側の365日体制の監視があるので、比較的安全といえます。
パパ活アプリについてまとめていく前に、まずは有名なマッチングアプリをいくつかご紹介していきましょう。

有名なマッチングアプリ1「ペアーズ」


ペアーズは会員数1,000万人と国内最大のマッチングアプリです。コミュニティ検索機能が充実しており趣味や特技、恋愛観などから気の合う相手を探せます。

利用している女性は20代後半の人が多く、男性は月額1,320円から利用できます。

Twitter

有名なマッチングアプリ2「Omiai」


Omiaiは、日本国内で最初にSNS連携をはじめたマッチングアプリです。マッチング形式は検索タイプで、そこから女性にいいねを送ってコンタクトを取っていく流れです。

Omiaiという名前から婚活目的かと思いきや、恋活目的の人が多くなっています。利用している女性は20代後半~30代前半の人が多く、男性は月額1,950円から利用できます。

Twitter

有名なマッチングアプリ3「ペアーズエンゲージ」


ペアーズエンゲージとは、ペアーズがはじめたオンライン結婚相談所です。独身証明書などが必要となり、安全性は高いです。

通常のアプリは自分ひとりで相手を見つけていきますが、ペアーズエンゲージでは結婚コンシェルジュがついて相手探しをサポートしてくれます。本気で結婚相手を見つけたい人におすすめです。男性は月額8,300円から利用できます。

Twitter

有名なマッチングアプリ4「タップル誕生」


タップル誕生は会員数500万人と多いのが特徴。趣味・友人・セフレなど気軽な出会いを求める若年層が多いです

プロフィール写真を見て判断できるので、第一印象を大切に判断できます。利用している女性は10~20代の人が多く、男性は月額2,400円から利用できます。

Twitter

有名なマッチングアプリ5「youbride(ユーブライド)」


ユーブライドは、婚活に特化したマッチングアプリです。プロフィールに家族のこと・転勤の可否・住居について・結婚の価値観など詳しく記す必要があるので、1年以内に結婚相手を探したい方におすすめです。

利用している女性は30~40代の人が多く、男性は月額2,400円から利用できます。

Twitter

[PR]

パパ活アプリって本当にあるの?

ここまでマッチングアプリについてまとめていきましたが、ここからはパパ活アプリにフォーカスを当てていきましょう。

パパ活専用アプリでは、男女ともにパパ活目的の利用者しかいないので、効率的に相手を見つけられます。男性ユーザーには高い月額料金が必要で、女性は無料で登録できるアプリがほとんどです。また、男女ともに身分証明書が必要なので、安心安全にパパ活を楽しめます

ここでは有名なパパ活専用アプリをいくつかご紹介していきましょう。
どのサイトも有名かつ安全なアプリなので、気になるものがあればぜひ登録してみてください!

パパ活専用アプリ1「LOVE&(ラブアン)」


2019年3月に新しくサービスが開始されたラブアン。これまでのパパ活専用アプリはプロフィール欄に顔写真や自己紹介文を掲載できるだけでしたが、ラブアンは動画を取り入れました

プロフィール欄に動画が掲載できるので、「写真と実物が全然違った」という現象を避けられます

利用している女性は20~30代の人が多く、男性はプラチナ会員なら月額14,800円、ゴールド会員なら5,000円で利用できます。

Twitter

パパ活専用アプリ2「paters(ペイターズ)」


ペイターズはかなり有名なパパ活専用アプリで、初めての方でも簡単に使えると評判です。「シークレットモード」という機能で身分がばれないようになっているので、芸能関係の方や有名企業の経営者もいるという噂です。

「今日会いたい機能」がついているのも嬉しいポイント。当日に最短で会える相手が見つかります。

また、ペイターズ主催のパパ活パーティーが定期的にあるので、出会いの場が広がります。利用している女性は20~30代の人が多く、男性は月額10,000円から利用できます。

Twitter

パパ活専用アプリ3「Sugar Daddy(シュガーダディ)」


シュガーダディは、2015年から運営されている老舗のパパ活専用アプリです。

「ステレスモード」で身分がばれないようにできますし、高性能のマッチングシステムで住んでいる地域と自分の予定に合致した相手を探せます。「出張検索」機能もあるので、遠くに住んでいる女性ともデートができますよ。

利用している女性は20~30代の人が多く、男性は月額4,980円から利用できます。

Twitter

パパ活専用アプリ4「paddy67(パディ67)」


パディ67は、これまでの累計マッチング数が500万件に迫るパパ活専用アプリです。既婚・未婚などのマークもつけられるので、浮気を避けたい方におすすめ。ペイターズのように「本日会いたい機能」もついています。

利用している女性は20~30代の人が多く、男性は月額10,800円から利用できます。

Twitter

[PR]

パパ活アプリ活用術

せっかくパパ活専用アプリを使うなら、いい女の子と知り合いたいですよね。

しかし、女性は無料で登録できるので、パパ活専用アプリにはいろいろな女の子がいます。

ここではパパ活専用アプリの活用術や注意点をお伝えしていきます。

積極的な子を見分けるコツ

積極的でいい子を見つけるには、2つのコツがあります。

プロフィールがしっかりしている

まず、プロフィールがしっかりしている女の子を選びましょう。年齢・趣味・特技・夢や今後の目標など自己紹介文が充実している方が、実際にあったときの会話の話題作りにもなります。また写真も大切。「イメージと実際にあったときの印象が全く違った!」なんてことがないように、顔写真やスタイル写真は必ずチェックしましょう。

返信が短文でもマメ

返信がマメな女の子もいいでしょう。例え短文でも、返信がマメであれば何人もやりとりしている経験豊富なタイプなので、エッチまで行きやすいということもあります。ただし、返信がマメであってもいきなりお金のことについて聞いてくる女性は塩対応のパターンが多いので注意が必要です。

相場はいくら?

パパ活で実際に女の子と会うとなるとそこには金銭が発生します
パパ活報酬の相場は、以下の通りです。

普通のデート:5,000~30,000円
エッチあり:20,000~100,000円
月額:100,000~500,000円

金銭面では一番トラブルが起きやすいです。
会う前に条件を細かく決めておくなどの工夫をお互いのためにしておきましょう。

やり取りする際の注意点

パパ活専用アプリでやり取りする場合、下ネタなどはもってのほかです。優しい年上の男性を演じながらメッセージのやり取りをしていきましょう

また、最初に顔を合わせるときが一番重要です。最初のコンタクトは面接だと思って気を引き締めて臨みましょう。
なお、女の子に嫌われる行為としては、はじめから個室に行ったり、からだを触ったり、お酒を強要したりすることがあげられます。

こういった品をかく行為はその後の継続的なデートにつながらないですし、エッチなどにも発展しずらいのでやめましょう。

パパ活で違法になるケース

男女のどちらかが既婚者であったり、女性が未成年であったりした場合は違法になり通報される可能性があります。
現在はアプリのプロフィール設定で身分証明書などが必要なので、そういった偽りの行為は少なくなっていますが、念のために頭の片隅に入れておきましょう。

おすすめパパ活アプリ

パパ活専用アプリについてまとめていきました。

結論から言うと、現時点でおすすめ出来るパパ活専用アプリは、「LOVE&(ラブアン)」ですかね。
理由は身分証明などでセキュリティ面では安心ですし、何より動画配信ができるので会ったときのイメージがしやすいです!

身バレしたくないって方にはシークレットモードのある「paters(ペイターズ)」なんかもいいと思います。

パパ活アプリ事情を探っていきましたが、どうやら本当にパパ活アプリはあるらしく、実際にパパ活がこの日本でたくさん行なわれていることがわかりました

あなたもぜひパパ活専用アプリを使ってみませんか?
もちろん自己責任で…(笑)

おすすめ最新ニュース

おすすめ一行ニュース(タップで開閉)
エログちゃんねるtwitter(タップで開閉)
アクセスランキング