スクラムの"縄悶"とは?美女を縄で縛って痛めつける拷問緊縛作品

縄悶 伍
  • 2023年11月1日
  • 27167View
この記事を書いた人:

今回は、超ハード緊縛拷問作品である「縄悶(じょうもん)」シリーズを紹介していきます!
「PAIN GATE」で有名なSMレーベルのスクラムから配信されているこのシリーズ。

調教師・風見蘭喜(かざみらんき)さんの縄さばきと、ムチ打ち・首絞めなどの体に与える苦痛が女優を襲います。

記事には暴力・流血などの過激なシーンが含まれているので、閲覧にはご注意ください。

[PR]
[PR]

「縄悶(じょうもん)」とは?

スクラム紹介
出典:スクラム(DUGA)

『縄悶』シリーズとは、超ハードプレイ映像を制作するAVメーカー・スクラムから配信されている緊縛拷問作品です。

スクラムといえば、暴力と拷問の連続で女優を肉体的・精神的に追い込む「PAIN GATE」シリーズを連想する人もいるでしょう。

「PAIN GATE」は目を覆いたくなる凄惨な暴力の連続ですが、「縄悶」の拷問レベルは低めに設定しているように感じます。

「極(き)める、責める、魅せるをテーマにした拷問緊縛作品」との銘打ちから、他AVメーカーのSM拷問系作品とは残虐さは一線を画しています。

生贄として出演するAV女優が、極悪縄師・風見蘭喜(かざみらんき)さんの調教拷問に堕とされる過激シーン満載!

窒息・暴力・流血ありですが、メインはタイトルにある「縄」の通り、麻縄での緊縛プレイがメインです。
生贄女優の肢体に食い込む縄、拷問の度に上がる悲鳴と嗚咽、刺激と痛みに流れる鮮血

女優によって様々なリアクション・体液でのグショ濡れ具合・哀願に満ちた表情は、120分を超える大作だから魅せられるもの。

DUGAのみでの販売で6,000円からと高価格ではありますが、絶望を感じる過激拷問と耐え抜いた後の解放感ある表情をその目に焼き付けてほしいです。

ペインゲートの紹介記事はこちら

この記事ではDUGAで配信されているハードSM動画シリーズ『PAIN GATE(ペインゲート)』を紹介しています。 筆者が個人的におすすめするTOP10の他、各作品の詳細なレビューも掲載していますので、視聴の際の参考にしてみて下さい。[…]

PAIN GATE 残虐SM動画

「縄悶」のおすすめ動画ベスト3

第1位「縄悶 伍」

縄悶 伍-001

作品名 縄悶 伍
メーカー スクラム
出演者 黒井しろ
調教師 風見蘭喜
品番 DDSC-047

第1位は、最新作である『縄悶 伍(ご)』で、本格的な緊縛の受け手モデルが登場しています。
出演女優は黒井しろ(くろいしろ)ちゃんですが、AV出演作は本作が初めてのようです。

スタッフや受け手として緊縛イベントに多数出演歴があるので、本作での緊縛姿は艶っぽさすら感じさせます。
そんな彼女の初体験でもある痛みを伴う拷問へのリアクションと表情は必見です!

縄悶 伍-002

叩かれて痛みと共に赤みが差す尻肉と、スレンダーな体を縛り上げる麻縄とのコントラストに目を奪われていたら…
容赦ないムチ打ちで涙を流して悲鳴を上げるしかできない苦痛だったのでしょう。

そして、高難度である宙吊り落下の「木の葉落とし」披露も見せ、緊縛経験を重ねている2人だからこそ魅せられる技なのでしょう。
ガクンッと落とされた時の衝撃と凄みには、さすがに息を飲みましたが…。

縄悶 伍-003

本作は過去作と比べても、責め方が多彩なことが特徴かもしれません。
乳房への長針刺しはもちろんですが、固定電マ・マシンバイブで膣肉をえぐる狂気の責め!

緊縛されたままでの羞恥拷問に、号泣しながら「痛い…」と懇願する眼差しは、さらなるM女の覚醒を見ているようでした。

さすがの受け手モデル・黒井しろちゃんでも、風見蘭喜さんからの怒涛の責めを受けきれるのか、本編でじっくり確かめてみてください。

第2位「縄悶 肆」

縄悶 肆-001

作品名 縄悶 肆
メーカー スクラム
出演者 あずき
調教師 風見蘭喜
品番 DDSC-045

第2位に選んだ本シリーズ4作目の『縄悶 肆(よん)』は、生贄女優の悶絶と絶望がギッチリ!
DUGAの商品紹介にもありますが、「超回復」体質の持ち主のあずきちゃんが悲鳴をこだまさせます。

本シリーズ屈指の可愛い系生贄ですが、脂汗ビッショリ・宙吊り開脚であられもない姿を晒してくれます。

縄悶 肆-002

過去作と比べてムチ打ち拷問が多い印象で、打撃を受ける度に肢体をくねらせヒクつかせる好反応がたまりません。

ムチでの鋭い痛み・打撃での鈍い痛みにもメス声を連発させるので、拷問に拍車がかかるのも頷けます。

宙吊りでの真っ白な肢体につく縄目の跡も良いですが、無数のムチ打ちを受けた真っ赤な腫れ跡にも注目してほしいです。

縄悶 肆-003

痛みに顔を歪ませたかと思ったら、哀願するような眼差しはこれまでの生贄と違った印象を残してくれます。

そのためか、風見蘭喜さんの罵声に、「ごめんなさい…」と涙声での連呼がハードSMに爪痕を残しているようにも感じました。

厳しい責めに辛いはずなのに、ラストの首絞めでは堕ちてからの覚醒で笑みを浮かべるので、生粋のM女かもしれません。

本作配信から2か月後に「PAIN GATE 奇死怪生(きしかいせい)」にも出演している、かなりの強者です。

ペインゲート奇死怪生の紹介記事はこちら

この記事では、『PAIN GATE 奇死怪生(きしかいせい)』を紹介していきます。 本シリーズ27作目となる『PAIN GATE 奇死怪生』、発売と同時にDUGAのSMジャンルで1位に輝いた注目作! 本作を視聴してのレビューだけでな[…]

PAIN GATE Vol.27「奇死怪生」

第3位「縄悶 -JOUMON- 惨」

縄悶 -JOUMON- 惨-001

作品名 縄悶 -JOUMON- 惨
メーカー スクラム
出演者 樹谷真白
調教師 風見蘭喜
品番 DDSC-042

第3位は、本シリーズ3作目となる『縄悶 -JOUMON- 惨(さん)』
生贄であるぽっちゃり系のM女・樹谷真白(きたにましろ)ちゃん、拷問に対する叫びとリアクションが最高すぎます!

「PAIN GATE 冥境死酔(めいきょうしすい)」にも登場してますが、本作でも涙と鼻水で顔面グショグショで耐え抜きます。

縄悶 -JOUMON- 惨-002

すでに涙を流している冒頭の登場場面は、これから始まる恐怖にガチで怯える女性を見られるレアシーンです。
ムチ打ちに歯を食いしばり、縄に縛られて涙を流すも、従順に従う姿はM女のお手本にも映ります。

痛覚への刺激に耐えるシーンは少なめなので、緊縛によりふくよかな肢体を辱め晒す感覚で愉しむのにも良いかも。

縄悶 -JOUMON- 惨-003

手足をうっ血させての逆さ吊りで、顔がむくんで意識が遠のく表情の変化は生々しいの一言です。
頭に血が上った状況で、頸動脈を押さえて窒息させる。

意識が飛んでしまうギリギリを責める風見蘭喜さんの手法と共に、ヨダレと鼻水が止まらない生理反応が恐ろしさを感じさせます。

本来なら豊満な肢体を縛られるルックスに目が行きがちですが、ソレ以上に拷問へのリアクションの良さがインパクトを与える良作です。

ペインゲート冥境死酔の紹介記事はこちら

今回は『PAIN GATE 冥境死酔(めいきょうしすい)』をレビューしていきます。 DUGAで配信中の超ハードSM作品『PAIN GATE』シリーズ26弾、前作『死面蘇歌(しめんそか)』から約9ヶ月ぶりの待望の新作! 本シリーズ初登[…]

PAIN GATE 冥境死酔
[PR]

その他の「縄悶」のおすすめ作品

縄悶 弐 -JOUMON- 2

縄悶 弐 -JOUMON- 2-001

作品名 縄悶 弐 -JOUMON- 2
メーカー スクラム
出演者 土萌まりな
調教師 風見蘭喜
品番 DDSC-037

続く作品は『縄悶 弐(に) -JOUMON- 2』で、これまで紹介してきたシリーズ作とは違った世界観を楽しめます。

出演女優の土萌まりな(ともえまりな)さんは、キャットファイト作品に多数出演経歴があるファイター系。

ガチバトルを魅せてきた風貌と違い、縄緊縛でのM気質には大きなギャップを感じられる人も多いかもしれません。

縄悶 弐 -JOUMON- 2-002

ムチ打ち・ビンタに縄をギュッと握りしめ、メス声を上げる仕草にはまだ可愛らしさを感じますが…
後半での三角木馬での電流責めに長針刺しには、脂汗と涙が混じって悲惨さが倍増しています。

「PAIN GATE」を見慣れている人には、与える刺激と苦痛感に物足りなさを感じるかもしれません。
ただ、「縄悶」シリーズの入り口として視聴するには低ハードルなので、おすすめしやすい作品とも言えるでしょう。

縄悶 -JOUMON-

縄悶 -JOUMON--001

作品名 縄悶 -JOUMON-
メーカー スクラム
出演者 ACO
調教師 風見蘭喜
品番 DDSC-035

最後の紹介は、シリーズ1作目となる『縄悶 -JOUMON-』で、「PAIN GATE 献奴彫雷(けんどちょうらい)」にも出演している、腕のタトゥーが強烈なACO(あこ)さんが生贄となっています。

肉付きが良い肢体に食い込む縄の締まりは、「縄悶」シリーズでも屈指の色気を漂わせています。

縄悶 -JOUMON--002

駿河問い錘責め(するがどいおもりぜめ)や腰吊り頸動脈絞め(こしづりけいどうみゃくじめ)など、緊縛からのハード拷問目白押し。

初作品ということで新作と比べると責めの質はライトに映る人もいるかもしれませんが、悲鳴と喘ぎは必聴。

風見蘭喜さんによる異質な緊縛拷問の世界の幕開けとなる本作から、じっくり「縄悶」を味わってみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで、スクラムから配信中の「縄悶」シリーズを紹介してきました。
「PAIN GATE」とは一味違った、緊縛の凄みと拷問の痛みがマッチングした独特の世界観となっています。

激しい拷問シーンは少なめとはいえ、体を腫らせてガチ泣きする女優の姿から危険度は高めであることに違いはありません。

また、両方の作品に出演した女優もいるので、プレイ内容の濃さと反応を見比べてみても面白いでしょう。

「縄悶」の配信状況
サイト名 配信状況 料金 無料期間
DUGA 配信あり 6,000円~ -
ソクミル 配信なし - -
FANZA 配信なし - -
U-NEXT 配信なし 2,189円(月額) 31日間
楽天TV 配信なし 1,760円(月額) 31日間

※DUGAで配信されている『PAIN GATE』シリーズの作品一覧は下記からご覧いただけます。

「PAIN GATE」の配信状況
サイト名 配信状況 料金 無料期間
DUGA 配信あり 6,000円~ -
ソクミル 配信なし - -
FANZA 配信なし - -
FANZA見放題 配信なし 550円(月額) 30日間
U-NEXT 配信なし 2,189円(月額) 31日間
楽天TV 配信なし 1,760円(月額) 31日間
ペインゲートの紹介記事はこちら

この記事ではDUGAで配信されているハードSM動画シリーズ『PAIN GATE(ペインゲート)』を紹介しています。 筆者が個人的におすすめするTOP10の他、各作品の詳細なレビューも掲載していますので、視聴の際の参考にしてみて下さい。[…]

PAIN GATE 残虐SM動画

おすすめ最新ニュース

おすすめ一行ニュース(タップで開閉)
アクセスランキング