「スカトロプレイ」とは?女性の究極美を追求するプレイ。お薦め作品10選。

この記事を書いた人:

皆さんは「スカトロ」って言葉をご存知ですか?
「なにそれ?」って方や、逆に言葉だけで眉をひそめる方もおられるかもしれません。
個人的に言葉自体はそこそこの年齢になって意味を知りましたが、まずは自分の原体験をお聞きいただけましたらと思います。

あれは自分が小学生3年生くらいの時のことです。
放課後男子も女子も一緒になって給食で残していた食パンなどをかじりながら帰っていた時期があります。
少し存在が気になっていた女の子がこちらを見て、可愛く笑顔でおいでおいでするので近寄ってみると1/4サイズくらいになった食パンを差し出して「(匂いを)嗅いでみて」と言うのです。
ジャムやマーガリンが塗ってある訳でもないので「?」って思った僕ですが、鼻を近づけるとすぐに「・・・お尻の穴の匂いだ」とわかりました。
その女の子は器用にスカートとパンツの中に手を入れて真っ白な食パンを自分の肛門に押し付けていたのですね。
普通なら大声上げて嫌がりそうなものですが、なぜかその女の子が自分にだけ嗅がせてくれたその匂いが嫌いにはなれなかったのですよね。
記憶を紐解くと自分のスカトロ好きの原点はここにあるように思われます。

という訳で今回皆様にお伝えしたい内容は「スカトロ」。
いろんなジャンルがAVワールドにはありまして人の趣味嗜好は千差万別とは思いますが、好き・嫌いがはっきりと出てしまうのが「スカトロ」ジャンルかもしれません。

「スカトロ」とは?どういったプレイ?

そもそも「スカトロ」とは?

本来はスカトロジー(Scatology)という言葉がありまして、糞尿に対します大真面目な研究・考察のことを指します。
生物学的にも動物などの糞からわかることはたくさんあるみたいで多くが研究対象となってます。

その言葉から転じましてAVの世界ではうんこ・おしっこが登場する作品を「スカトロ」ジャンルと分類されています。
皆さんもアダルト動画サイトのジャンル欄で言葉くらいはお聞きになったことがあるのではないでしょうか?
なもので個室のトイレで女性がただ用を足しているシーンも大きな括りではスカトロと呼べると思いますが、今回ご紹介したいのは「スカトロプレイ」。
筆者個人の好み全開で申し訳ございませんですが、ここでは「糞尿でめちゃくちゃに汚されてしまう女子」をピックアップしたいと思います。

「ウェット&メッシー」とどう違うの?

エロの世界には「ウェット&メッシー」(WAM)というジャンルがあります。
ウェット(濡らす)とメッシー(汚す)という言葉から「スカトロプレイ」もその枠に入りそうですが、現状お互いのフェチの人間からは別物とされることが多いみたいです。
プレイとしても女性の衣服を水や透明のローションで濡らして透けさせたり、肌に泥やオイル・絵の具・シェービングフォームなどを塗ったりする行為を指します。
全身に金粉を塗るのもこの枠に入るみたいですね。
変わったところではケチャップやマヨネーズ、生クリームなどを全身塗ったりすることも含まれます。
スカトロプレイ」とWAMが大きく違うのはそれらの素材が服や肌に着いても基本的には洗えばすぐに綺麗になりそうで、また量の多少はあれど普通に生きていれば知らず知らず絵の具やケチャップなどは服や肌に付いちゃうかもしれず、割と「日常的」に経験出来ちゃうかも?な点だと思います。

「スカトロプレイ」とは?

それに対しましてまったく「非日常的」な存在がおしっこ・うんこでありましょう。
普通ならば密室であるトイレの個室でのみで行われ、おそらくは10歳を過ぎた辺りからは他人はもちろん親にも見せたくないのが女性の排泄行為ですよね。
いまやほぼほぼすべてのトイレが水洗式となり、換気も行き届いたことで女性が排泄しているリアル感も日常からは消えているのかもしれません。
しかしもちろんのことながら女性も生理現象として毎日大小便をしますし、浣腸を施せば我慢できずにうんこを漏らすこととなります。
もしそんな誰にも見せない・見られたくない排泄行為を他人にまじまじと見られてしまったら女性はどんな反応をしめすのでしょう?

また自分が望んでいないのに肛門からおぞましい量の大便排泄させられ、誰にも見られたくない・嗅がれたくないその大便をカメラの前で晒されてしまったら・・・?

女性にしてみたらそれだけでもとても耐えられないのに、あろうことかその排泄したばかりの体温まで感じられそうな大便を自分の肌・顔・髪の毛に塗り付けられたら女性はどんな反応を示すでしょうか・・・?

先の絵の具やケチャップ等とは違ってその強烈な臭い感触は何度お風呂に入ろうともしばらくは落ちない「汚辱の烙印」を女性の心に深く刻み込みます。
身体の表面だけでなく、女性のメンタル部分にまで深く汚すという行為こそ「スカトロプレイ」と言えると思います。

なぜ女性を糞尿で汚すのか?スカトロプレイにおける美学とは?

まず基本的なお話として、S男性には美しい女性の恥ずかしがる顔、苦しむ顔、嫌がる顔は何よりのご馳走です。
この点には皆様ご賛同いただけるのではないかと思われます。

ではいったいどんな行為が一番女性の表情を追い込むのでしょうか?

襲い掛かって無理矢理犯しちゃうこと。
SMチックに女性を鞭で叩くこと。
ロウソクを肌に垂らすこと。
・・・いろいろ浮かぶことがあると思いますが普段から綺麗にしている女性の肌や顔を汚すのも良いですよね。

それでは女性が自らを汚されて一番嫌なものは何でしょう?

ここまで読んでくださった皆さんならもうすでにお分かりですよね。
それは今の今まで自分の体内にあったものなのに、排泄した瞬間この世で一番汚いものとなる自分の糞尿です。
普段化粧やエステなどで「」に気を遣っている身体や顔・髪の毛を、自分の指ですら直接触ったことが無いであろう今排泄したばかりの糞尿で汚されるのは何より嫌で気持ち悪くてきっと耐えがたいですよね。
しかしながらその糞尿にまみれたショックと汚辱感で消え入りたいような女性の恥ずかし気な表情こそが世界で一番美しいと筆者は考えます。
スカトロプレイ」の美学はここにあります。

[PR]

「スカトロ」のここがお薦め!ここが悪い

「スカトロプレイ」のGOODポイント

透き通るようなまっ白な女性の肌を糞尿で汚し、その気持ち悪さから泣き出しそうな女性の美しい表情を堪能するのがスカトロプレイの醍醐味です。
普通に暮らしている限り自らの意思で触れることなどない汚い糞尿を自分の肌・顔に塗られてしまうおぞましさ・嫌悪感・情けなさ・・・、女性を精神的にも肉体的にも虐めたいS男性としては女性の嫌悪する顔・困った顔・泣き顔はまさにこの上ないご馳走となりましょう。
本来であれば化粧水や乳液、ファンデーションやチーク・アイブローなどで綺麗にするべき顔を、この世で一番汚い糞尿で無残にも汚されてしまう悲しさ・恥ずかしさ・・・。
その場からすぐにでも逃げ出したい・消え入りたいくらいなのに、そんな様子を見て逆に男性器をギンギンに勃起させている変態S男性オマ〇コアナルを犯されて更に自分を汚されてしまうのです。
そんな絶望感をまとった女性が心の底から嫌がる表情・声・態度を愛でつつ、更にもっともっと汚物で汚してあげたくなる・・・
それが「スカトロプレイ」です。

「スカトロプレイ」のBADポイント

これはもう単純におしっこ・うんこが生理的に無理という方にはどうしようもなく「BAD」ですよね。
ある意味普通の感覚だと思いますし、AVの世界ではとてもマイナーなジャンルだと思います。
様々なアダルトサイトのコメント欄等でおしっこ・うんこはそもそもダメ・無理とか、まれに好意的な意見があっても浣腸されて苦悶の表情を浮かべるところまでがギリギリ(糞尿はNG)・・・とかよく聞きます。
個人的にはもっとファンが増えると良いなと思っております。

「スカトロ」プレイは安全?危険?

今まで生きてきまして「スカトロプレイが大好き」・・・なんていう女性には出会ったことがありませんが、もし実際にプレイすることが出来るとしたらどうなのでしょう?
大昔「SMファン」とか「SMスナイパー」とかSM誌が華やかりし頃本物のお医者さんがコラムで食糞について書かれてまして「今の今まで体内にあったものだから排泄してすぐならOK」という記事を読んだことがあります。
おしっこに関しましては健康な人間の尿はほぼ無菌であるらしく、もしかしたらうんこ・おしっこ共に出してすぐなら安全なのかも?
しかしながらもちろん時間が経過すればどんどん雑菌は増えちゃいますし、そもそも相手が内臓や膀胱などに病気を抱えている場合はもちろん注意が必要です。

何にしましても彼女や奥様に「今晩スカトロプレイしてみない?」なんて切り出したら普通は拒絶され嫌われちゃって当然ですので、良識ある皆様は「DUGA」の動画で楽しくエンジョイしましょう♪

[PR]

「スカトロ」のお勧め作品10選

という訳で、今回もスカトロプレイが「BAD」な方には誠に申し訳ございませんが・・・。
全身糞尿まみれになって喘ぐ女性が大好きでたまらない変態筆者お薦めの10作品を「DUGA」から上げてまいりましょう。

第1位 いやな女

スカトロ001
いやな女
皆さんにお勧めしたいスカトロ作品第1位はTOHJIRO監督の「いやな女」。
TOHJIRO監督と言えば「Mドラッグ」シリーズ等が有名ですが、個人的にはTOHJIRO監督の最高傑作にあたると考えてます。
施工業者に高慢な態度をとったみづなれいちゃんに男達が復讐にくるストーリーなのですが、そのやり方がエグイ。
いい匂いがしそうなベッドの上でみづなれいちゃんに浣腸をし、肛門をベロベロと舐めて便意を刺激して絶叫させそのまま茶色い糞便をベッドの上に撒き散らさせます。
それだけでも可哀想なのに、今自分が出したばかりのまだ温かい糞便の上に無理矢理寝かされてしまいその気持ち悪さに絶叫するみづなれいちゃん。
その声にちんぽをギンギンにした変態オジサンが自らもみづなれいちゃんのうんこまみれになりながら彼女のオマ〇コを犯します。
喘ぎ声どころか身体をまとわりつくうんこの気持ち悪さで引いてしまうみづなれいちゃんですが、泣き喚きながらうんこまみれで犯されている様はもはや神々しくさえ見えてとっても美しいです。

第2位 まんぐり強制脱糞

スカトロ002
まんぐり強制脱糞
おそらくはフェラ本番も無しなんていう甘い言葉に楽にお金が稼げると思い応募してきた女子校生たちの排便シーンを集めた作品。
結果から言えば普通にセックスした方が良かったんじゃないの?っていうくらい硬派なスカトロ作品です。
文字通りフェラもセックスも1秒もありませんが、制服姿のまままんぐり返しにされて浣腸されてしまい、肛門から華麗に噴き上げる浣腸液混じりの糞便で彼女たちの綺麗な顔がぐしゃぐしゃされることだけを集中して楽しめる作品です。
あまりの衝撃で自我が壊れ本気で泣き出しちゃう2人目の女の子と、嫌がっているのに噴き出したうんこが狙ったように自分の顔の真ん中に直撃して可愛い悲鳴を上げ続けるツインテールの女の子がお勧めです。
まんぐり返し状態なのでタブレット等で上下逆にして動画を観るとより彼女たちの嫌がる様子が堪能できますよ。

第3位 素人糞4 流星ラム

スカトロ003
素人糞4 流星ラム
全身うんこまみれになって犯される流星ラムちゃんの作品。
今までしたことがないプレイに挑戦ということで、スパンキングに続いてスカトロプレイへと移行。
最初こそ嫌そうな顔を浮かべるものの、そこはプロなのかはたまた変態の血が目覚めたのか(乳首が勃起しオマ〇コは濡れているのでおそらく後者)、自分が今ひり出したばかりのまだ温かいうんこを身体・顔に塗り、そしてついには口の中へ。
男優さんも負けず変態でその様を見てギンギンになったちんぽにラムちゃんのうんこを塗りたくってそれを咥えさせてお掃除をさせちゃいます。
全身うんこまみれ肛門を犯される際は最高に気持ち良くなり獣みたいな声を上げてよがります。
最後はトリップしちゃったみたいでトロンとした目をこちらへ向けながら肛門から出し続ける自分のうんこをむしゃむしゃと咀嚼します。
顔中うんこまみれですがとっても美しいシーンですのでお勧めです。

第4位 素人糞 まみ

スカトロ004
素人糞 まみ
こちらも「素人糞」シリーズで出演はまみちゃん。
くっきりとした二重の大きな目が印象的な可愛い女の子ですが、実は男性経験の数が半端なく多いツワモノ女子。
しかしながらスカトロプレイは初めてみたいで肛門から出たばかりの自分のうんこを鼻先に持ってこられるだけで我慢できずむせたり酸っぱい胃液を吐いてしまいます。
それでも必死で両手で掴んだうんちのかたまりを口の中に押し込み、そのまま頑張って一生懸命咀嚼する様子がとってもいじらしく可愛いです。
男優さんのちんぽをオマ〇コに挿入されながら綺麗なおっぱいにたっぷりとうんこを塗り込まれてよがるシーンが良いですね。
結局うんこを食べたり飲み込んだりは出来ないのですがそのリアルな反応が逆に素晴らしくて萌えまくりな作品です。

第5位 脱糞アナルファック

スカトロ005
脱糞アナルファック
男優さんが本当の変態で楽しめる作品です。
のほほんとした春風みたいな女の子をうんこまみれにして可愛いアナルを犯します。
アナルへの張り型攻撃で少しうんちを漏らしてしまい汚いからやめて下さいと女の子が嘆願するも、匂いに興奮してちんぽをギンギンにした男優さんがうんこまみれ肛門にずっぽりと挿入。
箸休めで肛門からちんぽを抜くたびにうんちがぼとぼと落下しますがそれを女の子のお尻に塗りたくって彼女の下半身は真っ茶色に・・・。
普通ならちんぽが萎れそうですが逆にギンギンになっちゃうのが変態の証拠です。
女の子も臭いから嫌だと言いながら肛門の下でぱっくり大口を開けたオマ〇コからは粘っぽいマン汁が糸を引き、男優さんが腰を振るたびにベッドにマン汁が落ちていくという見事な変態コンビでした。

第6位 限りなく拡がる制服少女の肛門 「私のお尻の穴を拡げてください…」

スカトロ006
限りなく拡がる制服少女の肛門 「私のお尻の穴を拡げてください…」
スカトロAV業界の大御所「安達かおる」監督の作品です。
スカトロへの情熱がものすごい方ですが、今回「前多まこ」ちゃんという超変態女優を手にされたことで、夢のようなスカトロワールドを展開されてます。
誰にも理解されず自分の肛門の匂いに興奮してきたまこちゃん。
家に転がり込んできたスカトロ好きなおじさんに自分の性癖を肯定されたことでどんどんスカトロプレイへはまり込んでいきます。
ぱっちりした目が可愛らしく表情は子供の様ですが、お尻は男を惑わすような見事なデカ尻です。
仰向けになったおじさんの顔に向けてたっぷりとうんこを排泄し、出したばかりのうんこをおじさんのちんぽに塗りたくって何の迷いなくそのギンギンになったそれを可愛い口で咥えてお掃除します。
全身うんこまみれになりながら性感帯の肛門を犯されて激しくいったあとは、今まで自分の肛門に入っていたおちんぽからのおしっこをせがみます。
一般的に飲尿と言っても口からだらだらと溢れるだけのものが多い中、まこちゃんはしっかりとごくりと喉を鳴らして飲み込むところがすごく可愛いですね。

第7位 原作 マサキ真司「毒姫の蜜 れな」パンツ脱糞 ランドセル少女の誘惑

スカトロ007
原作 マサキ真司「毒姫の蜜 れな」パンツ脱糞 ランドセル少女の誘惑
こちらも安達かおる監督作品で、マサキ真司さん原作のスカトロコミックを前多まこちゃん主演で再現した作品。
各所に原作を重ねてイメージしているシーンやセリフが数多く登場します。
スカトロに目覚めてしまったヒロイン「れな」ちゃん。
学校でオシッコうんこも我慢して(でもパンツに漏らしちゃう)帰ってきたら隣のお兄さんと大好きなスカトロプレイに興じます。
自分が出したばかりのうんこにまみれたおちんぽをしゃぶったり、そこから迸るオシッコをこちらもゴクンと飲んじゃうステキな女の子です。
アナルストッパーのおかげで肛門が拡張され、お兄さんのギンギンになったおちんぽを肛門で咥えて出し入れの度にうんこを漏らし、それを手に取ったお兄さんがれなちゃんの口に運んで二人で熱いキスを交わすのでした。

第8位 便器女

スカトロ008
便器女
素晴らしい直球勝負の作品タイトルに心を撃ち抜かれちゃいますね。
洋式ではなくあえて「和式」便所スタイルで、ありえない位置に女性の顔を置いてそこに別の女性の大便をお構いなしに排泄させちゃいます。
これだけの近距離で他人の排便を見るのも初めてなら、「大きく口を開けて」と命令されて本当に口の中にうんこされちゃうのも初めての体験。
自慢の美しい顔や髪の毛を汚されてしまい、また口の中にもうんこを入れられてしまってそのショックで泣き顔になってしまう女性たちが可愛すぎますね。
自分の家にもこういった便器女がいてくれればと思います。

第9位 公開調教 DX スカトロ編

スカトロ009
公開調教 DX スカトロ編
大阪のとあるマンションの一室で数名のスカトロジストが揃う中、文字通り「生贄」としてやってくるМ女3人。
事前に聞いていないスカトロプレイを強要され涙を流しながら拒否しようとしますが、Мの血が騒ぐのか結局は男性陣の思うまま弄ばれてしまいます。
肛門から浣腸液を注入されると悲鳴を上げながら恥ずかしい排便姿を晒し、その出したばかりの汚物を舐めさせられたり、口の中に入れられたりします。
とっても可哀想に一瞬見えちゃいますが、そこはМ女で本気の変態行為なのに乳首はビンビンに勃っていますのでご安心を。

第10位 脱糞セレブ16

スカトロ010
脱糞セレブ16
帰国子女のモモちゃんが変態達に骨の髄までうんこで汚されてしまう作品です。
セレブという単語から少し年齢が上かと思いきや23歳だとわかる冒頭のインタビューシーンはその後の「落差」を楽しむために絶対に観た方が良いですね。
かなりの美人さんなのにそれが全く分からなくなるほどうんこまみれにされてしまう素晴らしい作品なのですが、男糞が出てきますので今回この順位とさせて頂きました。
もしそのハードルさえ越えられれば、手足を手錠で拘束され逃げられない状態で浣腸され見事に糞便をガラス板に噴き出すシーンとか、わざわざモモちゃん本人の目の前で男性がちんぽにうんちを塗りたくってそれを開口器を付けられたモモちゃんの口に捻じ込んでイラマしたりなどスカトロファンとしては待望のシーンを観ることができます。
モモちゃんがイラマされている間もその他のメンバーは休むことなく彼女の透き通るような真っ白な肌に容赦なくうんちを塗っていき絶対に汚されたくないであろう大事なオマ〇コにも丁寧に丁寧にうんこを塗り込んでいくシーンがたまらなく美しいです。

「スカトロ」まとめ

いかがでしたでしょうか?「スカトロ」ワールド。
あまりの汚なさに目を背けてしまう方もおられるかもしれませんが、ここまで読んでくださった方なら少しご理解いただけるかもしれませんね。
スカトロプレイ」には綺麗な女性をわざと糞尿で汚してその被虐美を堪能するという、「世界で一番汚いのに世界で一番美しい」という逆説なる美学があると思います。
すべての方に理解されることは無いでしょうが、少しでもスカトロファンの数が増えれば良いなと願っております。

おすすめ最新ニュース