PtoM(プッシートゥマウス)とはどんなプレイか?実践しているAV作品もまとめてみた。【エロ用語解説】

  • 2020年8月29日
  • 9726View
この記事を書いた人:

PtoMというエロ用語。プレイとして確かに存在するのですが、日本ではあまり浸透しておらず、はじめて聞いたという方も多いのではないでしょうか!?

PtoMとはプッシー・トゥ・マウスの略なのですが、そのプレイ内容とは一体どんなものなのか…?本記事では、実際にプレイしているAV作品もまとめつつ解説していきます!

PtoM(プッシートゥマウス)とは?

先述したように、プッシー・トゥ・マウスの略語であるPtoM。日本語に訳すと「オマンコから口へ」になりますが、更に詳しく解説すると、オマンコに挿入していたチンコを今度は口で咥えてもらうプレイのことを指します。

洋物ポルノでこんなシーンを見たことはないでしょうか…?

ズコバコとハードなセックスをしている最中、男優さんがオマンコからチンコを引き抜いた瞬間、間髪入れずにすかさずチンコにしゃぶりついてフェラチオしようとするポルノスターの姿を…!

これぞまさしくPtoM(プッシートゥマウス)というプレイになるわけです!

[PR]

PtoM(プッシートゥマウス)の魅力はココ!

ここまではPtoMという言葉の意味。そしてどのようなプレイなのかを解説してきましたが、ここからはPtoMの魅力について迫っていきましょう!

PtoMの魅力とは…?単純に考えてみれば、オマンコと口の快感を交互に味わえるわけで、ただそれだけでも美味しいプレイと言えるでしょう、しかしその魅力は他にもございます!

それはやはり、女性がセックスに夢中になりすぎたあまり、下品すぎるほどに性欲をむき出した淫乱な姿がダイレクトに伝わってくる事にあるのかと…!

自身の愛液、ときには相手の汗やザーメンまでもがタップリと付着しているヌルヌルのチンコを、愛おしそうにジュポジュポとフェラチオするその姿!

汚いとかいう拒絶反応は完全に通り越して、もうセックスの事しか考えられない!そんな淫乱な姿に興奮をソソられるのではないでしょうか…!

また、汗にマン汁や唾液、ザーメンといった体液をチンコごとまとめてジュルジュルに咥え込むわけですから、体液フェチとしてのエロスも含んでいそうですね!

[PR]

PtoM(プッシートゥマウス)を実践しているAV作品紹介

まだ日本では浸透していないエロ用語なだけあって、着目しているAV作品も少ないPtoMプレイ。

しかし、あることにはあります!そんなレアなPtoM作品をいくつかご紹介していきましょう…!

杭打ちピストン騎乗位で白く泡立った愛液まみれチ○ポをフェラしては再びマ○コに迎え入れるPtoMセックス 川上奈々美

PtoMに着目した数少ないAVシリーズ『杭打ちピストン騎乗位でPtoMセックス』からこの1本をチョイスしてみました!杭打ち騎乗位によってマン汁がベットリ付着したチンコを、今度はネットリとエロフェラ!そしてまた騎乗位…。といった風にPtoMがエンドレスに続きます!女優さんの体液。そして下品すぎるほどに淫乱な姿を見たい方にはオススメ!

美人若妻の唾液と愛液が交じり合い白く泡立つPtoMセックス 長瀬麻美

泡立つほどに大量の愛液が付着したチンコを、唾液いっぱいにジュポジュポとフェラチオ。まさにPtoMのお手本のようなプレイをしている長瀬麻美ちゃん!局部をしっかりと映したアングルが多く、汁気も臨場感もたっぷりの1本です!

杭打ちピストン騎乗位 絶頂を繰り返すPtoMセックス

『凛音とうか』『倉木しおり』『美咲かんな』『かなで自由』といった4名のAV女優さんがPtoMを実践しているお得な1本!主観視点になっており、まるで自分がPtoMしてもらっているような気分に浸れますよ…!

まとめ

今回はマイナーエロ用語のPtoM(プッシートゥマウス)について解説してみました!

洋物ポルノではよく見かけるPtoM。日本のAVでもたまに見かけるPtoM!もしも今度見かけるときがあれば、「あっPtoMや!」と心のなかで思い出していただければと思います!

最近ではジワジワとPtoMに着目したAV作品も出てきているようですので、もしかしたら近い将来にはPtoMがメジャーなプレイになっていくかも…!?

おすすめ最新ニュース