乳首に針刺し・電流&焼印まで!『PAIN GATE』のハードSMプレイが衝撃的すぎる

この記事を書いた人:

PAIN GATE(ペインゲート)シリーズとは?

スプラッタでまさに【閲覧注意】と言える作品を数多く生み出している苦痛系アダルトメーカーSCRUM(スクラム)から発売されたシリーズです。タイトルのクセが非常に強く、プレイ内容に合わせて四字熟語をもじったものがよく使われます。同シリーズでは血や痛みが苦手な方が目を覆いたくなるようなシーンが満載ですが、好きな方にとっては妄想で終われせていた加虐プレイを視覚化できる貴重な作品と言えます。

どれが最高傑作か?

と、問われれば答え辛いのですが、その理由としましては、個人によって性的趣向が異なること、出演女優さんの好き好きなどが挙げられます。

ぶっちゃけどれもスリリングで面白い。それが私の答えです。

では、まずはより一層作品を楽しむ前置きとして、プレイ用語の解説や出演者を紹介していきたいと思います!

★作品中に登場するプレイ用語のおさらい★

  

 

用語 内容 目的
緊縛(きんばく) 麻縄や綿ロープを用いて縛ること。水引のようなメタリックカラーも存在する。ホームセンターなどで購入した縄で縛るのはご法度。 拘束する他に、安心感を得ることもできる。相性によっては縄酔いすることも。
釣り 緊縛したまま身体の一部ないしは全体を宙に浮かせる。開脚、逆さ釣りなどバリエーションに富む。 浮遊感によるトリップを味わう。
首吊り(首絞め) 主に紐状のもので首を括る。 失神、それに伴う痙攣を得る。殺したい、殺されたい願望の成就。オナニーと組み合わされることもある。
サスペンション 身体に空けた穴にフックを通し、中に浮かせたり皮膚を引っ張り上げる。PAIN GATEシリーズでは釣り針を引っ掛けるシーンあり。 人体改造。浮遊感を得る。拘束。
張り付け ロープやベルトを使って四肢を広げて拘束する。 拘束。全身を視姦することにより、羞恥心を煽る。見せしめ。
バラ鞭 本革もしくは合皮で作られた鞭で叩く。 一本鞭より広範囲に苦痛を与える。肌色を赤く変える。
一本鞭 革製で線状に編まれた鞭で叩く。 打撃。ミミズ腫れ、裂傷を作る。
竹刀(シナイ) 剣道の竹刀。プレイでは「胴」を打たれることが多い。 打撃。特有の音を楽しむ。
針(ニードル) 針を身体(バストや太ももが多い)に刺したり、貫通させる。18G~24Gまではネットや大人のお店でよく売られている。ゲージ数が小さい方が太い。 針を身体に刺して苦痛を与え、時に模様を描いたり、流血させる。
金串 針より太い串を刺す。 黒ヒゲ危機〇髪のように見えるが、苦痛と恐怖を与える。
釘打ち 希望部位の下に木材を敷き、釘をハンマーで打つ。長さのある五寸釘は使いやすい。 打つたびに深く刺さっていくことから、より強い痛みと傷をもたらす。
吹き矢 主に臀部に吹く。 予想が付かないことでドキドキさせる。針よりもすばやく刺さり、息が詰まるような痛みを与える。
生理食塩水 体内に注入し、バストアップを図ったり、大陰唇や睾丸を肥大させる。時間が経過すると自然に吸収される。 肥大した性的部位を弄んだり、楽しむ。自信の向上に繋がることも。
水責め 水中に沈めたり、水を浴びせかける。氷水も選択肢の一つ。 呼吸する機会を奪ったり、わざと呼吸しなくてはいけないように仕向けて鼻腔や口腔を責める。
ファイヤー ライターやバーナー、火炎放射器で炙る 火傷の後引く痛みを負わせる。高確率でトラウマを植え付ける。
蝋燭(ろうそく) 溶けた蝋を身体に垂らす。45度前後の低温から80度超えのものがあり、高所から垂らせば温度が低下する。高温になるに従って粘度が下がり、剥がしにくくなる。 熱さによる痛みを味わわせる。火傷を負わせる。
スタンガン(通電・電流) 直接身体に当てたり、巻き付けた鉄線に当てる。 強烈な痛み以外にも、光と音による恐怖を与える。威嚇の意味もある。
蹴り 身体の一部もしくは全身を蹴る。 自尊心の低下を誘発させる。アザを残す。
三角木馬 三角屋根の拷問器具。 女性器を広げて座らせ、裂けるような痛みで動けなくする。
[PR]

受け手

受け手さんはSNSを使っていることが少なく、情報量も比例するのでたくさん紹介できず残念です。ですが皆さん従順さと忍耐力、SMを愛する気持ちは段違いなんですよ!


月野ゆりあ

出身:長野県
出演期間:2016年 -2018年
趣味:読書
特技:水泳、茶道
2016年12月、SODクリエイトのレーベル「青春時代」から専属女優としてデビューした、スレンダー体型のロリ系AV女優。AV女優を志したのは「自分の変態レベルを上げたい」というのが理由で、自ら応募した。2018年9月6日、自身のツイッター上でARMプロモーションを辞しAV活動を引退したと発表。

もうお辞めになっているのが惜しい!思わず加虐したくなる優しそうな小動物系顔の女優さんです。個人的にはセーラー服がよく似合う方だなと感じました。現在はどう過ごされているのでしょうか…。お元気だといいですね。

Twitter

美らかのん(元:久我かのん)
Twitter(本垢):@churakanon
Twitter:@churakanon

美らかのんで元久我かのん/下ネタとSMと動物達とウミウシ/よく転びよく乗り過ごす/稀に六本木のBAR毛玉で働いてたり/雑に呟く

改名されてからもバリバリ活動中!哀愁漂う美人さんですね。SNSを頻繁に更新されているので、ぜひ訪れてみてください!こんなに可憐な女の子がプレイで心身共にブッ壊されていくのは見ものですね。

責め手

Twitter

風見蘭喜
Twitter:@Nawashi_Kazami

極悪縄師の異名をとるかたわら、緊縛される女性の心を掴み引き出す緊縛ライブを得意とする。主催イベント多数。各種DVD出演。 北米、ヨーロッパ、オセアニア各国に緊縛パフォーマンス&ワークショップを開催。 緊縛モデル希望はDMにて。

以前、梅田の某所でちょろっとお会いしました。一見ワイルドで恐そうですが、お話してみると気さくで楽しい方でした。やはりスキンヘッドの方がしっくりきます。イケオジですね。

Twitter

ミラ狂美
Twitter:@mirakurumimagic

緊縛師、SMパフォーマー、マジシャン。 ダンスユニット「ロウブロウ」、バンド「鬼畜ゲトリスト」「闇縄会」所属。 AV多数出演。SM専門スタジオ「MKスタジオ」経営。ショー、撮影現場出演or緊縛、スタジオレンタル等お仕事依頼&お問い合わせはお気軽にDMまで。

Twitter

風見蘭喜さんとは仲良しなんですね!東京を訪れる機会があれば、お会いしたいくらいです。”SMパフォーマー”の肩書に相応しいショー構成です。現在も素敵な方ですが、特にひと昔くらい前は彼の容姿とテクニックにコロッと落ちるM女さんも多かったとか。

Twitter

ミラ嶺花
Twitter:@MillaReika

2011年に高嶺蓮様に「嶺」をいただき、ミラ嶺花で緊縛パフォーマーとして活動開始。 東洋と西洋、和洋折衷な伝統美と現代的感覚を織り交ぜ、耽美的からダイナミックでストーリー性のある様々な世界観を表現する。 現在は国内外で数多くのイベント・Showに出演し、パフォーマンスやSMサロンでの対話の場を広げている。

初めてミラさんを見かけたとき、ホリの深さと美しさに息を飲んだものです。スラッとした高身長でいつも髪型が華々しいので、つい見てしまうんですよ~!定期的に”SMサロン”を開催されているので、フェティッシュが好きな方は参加されてみてはいかがでしょうか。

Twitter

志摩紫光
Twitter:@simasikou511

基本的に、斯界をSMという詞で括るのは「違う❗」と考えています。それに代わる詞が「究極愛」であり、「究極の愛情」と捉えています。
毎月の第1土曜日の夕方5時から「究極愛オフ」(略称 愛オフ)を主宰しています。

AVに出演する傍ら、監督も務めてらっしゃいます。SNSを見るかぎり、フットワークが軽そうな方ですね。屋外調教の画像はどれも大自然と受け手さんが巧く融合していて、見入ってしまいます。
Twitter


1~5位

タイトルの”もじり”が面白いので、元ネタはこの熟語かも?と思ったものもつらつら書いていきます。

1.釘血絞首刑(ていけつこうしゅけい):貞潔絞首刑

PAIN GATE 釘血絞首刑

 

タイトル PAIN GATE 釘血絞首刑
出演者 アヤ
配信開始日 2017年04月05日
収録時間 109分
価格 6,000円

強烈なビンタから始まり、三角木馬で女性器を拷問されながらバラ鞭で脇腹を叩かれます。一本鞭に替わる頃には上半身が薄っすらと赤く染まり、ケインでは内出血が起きます。叩かれる度に嬉しそうな嬌声をあげ、髪を鷲掴みにされても笑みを浮かべています。マゾの鑑ですね…。

起立したまま有刺鉄線を巻かれると鋲が肌に食い込み、なんとも痛そう!そのままジーーッと無慈悲に音を立てるスタンガンで通電させられるのですから、「いつ来るのか」と怯えて精神的にも堪えますね。

ニードルプレイでは皮膚を厚めに掴んでブスリ。注射針の色味から判断して、18ゲージでしょうか。だとすれば外径は1.2mmなので、「チクッとしますよ」どころではありません。

極めつけは脇と腕を縫い付ける鬼畜拘束です。”痛み”で動けなくさせるとは恐ろしいですね。縫われて離れ乳になっていくのも屈辱的です。打ち付ける前から「いや、いやや、痛い」と、か弱く鳴きながらも受け入れる釘打ちシーンは受け手の従順さが分かります。

ハンマーと釘の頭が打ち付け合う音を聞いていると、そういえば女性の胸をDIYしてるんだったと現実に引き戻されます。針を抜いた穴から滴る血をそのままに首を吊らせますが、痙攣しだしたところで下ろされます。

きっとその間は痛覚を感じていないでしょうから、むしろ休憩時間と言えるかもしれません。


2.幼肢媚胎(ようしびたい):容姿媚態

PAIN GATE 幼肢媚胎

 

タイトル PAIN GATE 幼肢媚胎
出演者 風見蘭喜
配信開始日 2016年11月03日
収録時間 95分
価格 6,000円

タイトルからして残虐さが滲み出ています。

ロリ顔の女性がパンティだけ履くことを許されたまま、腕を拘束されて力強い一本鞭を浴びます。一方で責め手の風見さんは上等そうなスーツを着ていて、この落差がたまりませんね。

ケインでぶたれると熟れすぎた桃のようなアザがくっきりと残り、まるでパンティを強調する飾りのようにも見えてきます。痛みのあまり、プルプルと震えているところが可愛いですね。パワーを込めるのも緩めるのも責め手次第ですから。髪を引っ掴まれて思わず手を上げる瞬間、「手は下ァ!」と叱責が飛んできて素直に従うあたり、調教が完了したようなものです。

女性の責め手さんに厚底ブーツで踏まれたときには濁音で叫び、その顔にはプレイ当初の面影が無く…。『釘血絞首刑』よりもキツ~く絞められた有刺鉄線はまるで茨のよう。そんな状態で開口させられ、舌をペンチでつままれ針を貫通させられるのですから、絶叫せずにはいられないでしょうね。

針が肉を貫く様子もじっくり見られます。刺さったまま二人にスタンガンを当てられ、バチバチ!と凄まじい騒音が響きます。あまりにも叫び声がうるさかったからか、ホチキスで口を閉じられてしまいます。アニメに出てくるキャラクターみたいですねw

声が出せなくなっても「むぐむぐ、フゴフゴ」と何かを伝えようとしますが、それが叶わない心境は絶望に近いかもしませんね。


3.辛裸蛮障(しんらばんしょう):森羅万象

辛裸蛮障

 

タイトル PAIN GATE 辛裸蛮障
出演者 日菜
配信開始日 2019年02月05日
収録時間 115分
価格 6,000円

最初のこわばった表情がイイですね。これから何が起きるんだろう、何をされるんだろう、自分の身体はどうなってしまうのか…。不安や恐怖がごちゃ混ぜになっている様子がよく伝わってきます。裏腹に、プレイが始まると「ギャァァァーーーー!!!」と大絶叫するので、どこからそんな声が出るのかと驚かされます。痛みに耐えかねてか、トリップしかけているのか定かではありませんが、「うぅぅぅうぅ…」と蚊の囁くような声で鳴いて虚ろになります。鞭の痛みによる叫んで囁いての繰り返しが滑稽です。

お尻を足で思いっきり蹴られるときは、また違った声で苦痛を訴えます。個人的には、往復ビンタをされて思わず泣いてしまうシーンがツボです。

釣り針でサスペンションを施されて動けずにわめくのですが、開口器具を着けられていなければ、何と言っていたのか気になりますね。ここでは泣き笑いして精神が崩壊しかけている様子が撮影されているので、ぜひ見て頂きたいです。

スタンガンにせよ、とにかく叫びっぷりが素晴らしい女優さんなので、女性の反応が好きな方には得におすすめと言えるでしょう。こちらの作品でも絞首があるので、失神マニアにはうってつけです。


4.刻肢夢想(こくしむそう):国士無双

PAIN GATE 刻肢夢想

 

タイトル PAIN GATE 刻肢夢想
出演者 美らかのん
配信開始日 2020年03月16日
収録時間 129分
価格 6,000円

ミラ狂美氏によるヘマトフィリア(血液嗜好症)歓喜の作品です!あのお綺麗な美らかのんさんを血まみれにしてしまうのですから、残酷ったらありゃしない。調教はキレッキレの激痛一本鞭から始まり、非道な顔面蹴りに及びます。まさに女のプライドをズタズタに引き裂く行為ですね…。それでも健気に狂美氏の方に顔を向けるかのんさんが可愛く思えます。

まるでゲームと言わんばかりにお腹に向かって飛び蹴りするのも見どころです。動画のように吊ってから蹴ると、ブランコみたいに揺れるのが面白いですね。みぞおちへのパンチやキックは上手くきまると数秒間息ができなくなってしまうこともあるので、実践する時はポイントを少し下にズラすと良いですよ。まぁ、呼吸を制限されたいのであれば別ですが(笑)

話を戻しまして、お次は親指と人差し指の間に針を貫通させていくのですが、聞くに堪えない悲鳴をあげるので、音量注意です!もう片方の指の間にも針を刺して、自分で引き抜くのをためらう拘束具の完成です。両手を合わせたポーズは、まるでお祈りをしているように見えて、プレイとの親和性の高さを感じました。

針で刺されて血濡れになったまだらな色の身体に、液体窒素に浸した薔薇を叩きつける場面は耽美の一言です。肌に触れるたびに割れて醜くなる薔薇。かのんさんの現状とリンクしていますね。

この後はかのんさんが事務所を辞めてまでやりたかったという焼印に挑戦!手術を受けても消えないであろう傷が付くのですから、事務所が許すはずもありません。どのような焼印が付くのか木材に試し押しして、恐怖を煽ります。怯えて過呼吸気味になりながらもジュッと押されるところで動画は終わってしまいますが、実際の出来栄えを見たい方は本編をどうぞ!


5.狂悦縄極(きょうえつじょうごく):恐悦至極

PAIN GATE 刻肢夢想

 

タイトル PAIN GATE 刻肢夢想
出演者 月野ゆりあ
配信開始日 2020年03月16日
収録時間 129分
価格 6,000円

冒頭から狂美氏に二の腕を力強くつねられ、痛がりながらも快楽混じりの声を上げます。二の腕や内腿はつねられるとべらぼうに痛いんですよね…。パンティを上に引き上げてTバック状にし、赤くなるまで素手でスパンキングするシーンでは、月野ゆりあさんが気持ちよさそうに鳴きます。いかにもお仕置きのような感じがしていいですね。

当然この程度の責めでは終わらず、胸縄を施した後にマ〇コに縄が食い込むようつたわせ、自重による苦痛を与えます。浮いているので成す術もなく、三角木馬に座ったときに似た痛みを感じ取っていることでしょう。それでも歯を食いしばって、懸命に耐えています。しっかし、大人しい女性が履いていそうなモノトーンのハート柄パンティと麻縄の組み合わせはギャップがあって面白いですね。

打撃系のプレイがメインかと思いきや、ペット用にも見える皿に盛った二重画鋲を口に流し込み、ガムテープで蓋をして連続ビンタ!口内はグチャグチャになっていそうです。さらにパンティの中にも画鋲を仕込み、無情のバラ鞭攻撃!ゆりあさんが首をブンブンと振って怯えているのが痛みの程度を物語っていますね。

他にも火花でお尻を責めたり、ディルドでゲロマチオさせたりと中々の非道っぷりです。狂美氏はとても嬉しそうにニヤりとしているのが印象的でした。

ガスと点火棒で炎をおこし、ゆりあさんを”フランベ”したシーンには衝撃を受けました。凄まじい変火炎放射ですが、髪は燃えないように配慮しているのところが優しいですね。


[PR]

6~10位

6.電流絞首刑(でんりゅうこうしゅけい)

PAIN GATE 電流絞首刑

タイトル PAIN GATE 電流絞首刑
配信開始日 2013年07月22日
収録時間 119分
価格 6,000円

生理食塩水が登場する作品です。決して控えめではない胸に注入していき、大きさを変えられる手錠でおっぱいがパツパツになるまで絞り上げます。破裂することはないと分かっていてもヒヤヒヤしますね(笑)水風船のように張った胸に長い針をグググッと差し込んでいくのですが、針が好きな女優さんなのか、「痛い」とは一言も発しませんでした。

それならばと、針を増やし、乳首にも釘を打っていくのですが、むしろ「アァン…」と喘いで悦ぶ始末です。極めつけは口に針を通し、舌を経由し、貫通させます。その間も責め手さんを上目使いで見つめ、信頼関係が伝わってきました。

スタンガンを見せつけてどこに当てるか迷っているフリで焦らし、最終的には胸に打たれた釘に通電させるシーンがコミカルでした。たくさんの釘が打たれているので、あっちへこっちへ移動しながら電流を流していきます。まだ流していないのに「アッ、アッ」と反応してしまうところが可愛いです。

散々電流で楽しんだ後は逆さ吊りにして胸の釘を抜いていきます。ポタポタと流れ出て、顔まで赤く染まる状態に。そのまま血が滴って、床にまで落ちます。

釘を抜かれ、ある程度っ生理食塩水が吸収された胸は無残にも萎み、両腕を拘束されて電流棒で二の腕や胸に当てられます。余程痛かったのか、電流棒をこすり合わせた際に発生する火花を見ただけでむせび泣くように。2本をくっつけない限りは電流が発生しない物なのですが、当てると見せかけて別の部位に当てる意地悪っぷりが最高です!

そしてラストはタイトルにもある絞首刑。生気を失いかけた女優さんの首に丁寧に縄を回してグッと引くと、胸の前で十字に組んでいた手はダラリと下がり、息が小さく漏れる音だけがこだまします。失神を確認して下しますが、「生きるか死ぬか」を実践する行為ですから、並大抵の関係性ではまず出来ないことでしょうね。


7.花狂風月(かきょうふうげつ):花鳥風月

PAIN GATE 花狂風月

 

タイトル PAIN GATE 花狂風月
出演者 さくらすい
配信開始日 2012年03月19日
収録時間 110分
価格 6,000円

飾り気がなく、プレイに必要なデザインしか持ち合わせていない無骨なバッグに詰められ、片目だけを動かして辺りを詮索するフェティッシュなシーンから始まります。このバッグは特注っぽいですね。

今作はS女の月花さんと風見氏のタッグです。先ほどのM女入りバッグが荷物のように運ばれてきて、月花さんが厚底ブーツでつついて反応を伺います。もぞもぞとイモムシそっくりに動くさくらさんは二人から蹴られ、転がされ、いたぶられます。お腹を足蹴にされ、グリグリと踏まれて苦しそう。ただでさえ呼吸穴が狭く作られたマスクの上から素手で押えつけられ、抑制させられます。

バッグのジッパーを下ろされ、解放感を得られたと思いきや、月花さんが吸っていたタバコの灰皿にさせられました。既に身体には無数の生々しいケロイドがあり、ハードプレイをしてきたのが一目瞭然です。

ようやくマスクを外されたさくらさんは怯えきっており、その様子を見た月花さんのしたり顔が素敵です。そのまま背後からチョークを仕掛け、首を締めあげます。抵抗も虚しく、風見氏に髪を鷲掴みにされ、月花さんはお腹の肉をもぎ取るように掴みかかります。責め手の人数が増えると、痛みも倍ですね。

容赦ない風見氏のケツキックが炸裂します。月花さんは静かにプレイをされるタイプなので、対照的ですね。

なんと眼球舐めのシーンもあり、月花さんがさくらさんの瞼を無理やり開き、ペロペロと舐めます。そしてこの女優さん、どういった経緯かは不明ですが、”スプリットタン”の持ち主だったんです!片側ずづ針を刺されていき、血混じりの唾液がだらしなく垂れます。

追い打ちをかけるかのように小ぶりな胸を糸で結び付け、手際よく谷間を作っていく月花さん。胸をギュッと寄せるシーンが本作の最もたる見どころだと思いました。


8.串刺伸張拷問(くしざししんちょうごうもん)

PAIN GATE 串刺伸張拷問

タイトル PAIN GATE 串刺伸張拷問
配信開始日 2013年08月05日
収録時間 89分
価格 6,000円

個人的に一番興味がわいた串刺し。針より太く、釘より長い。似て非なるものと言えましょう。

まずは女優さんの背中をケインで滅多打ちにし、M女として、はたまた肉として仕込んでいきます。獣に引っかかれたような鋭い傷が何本もでき、シクシク泣いてしまいます。これは入浴をためらうレベル…。

『電流絞首刑』でも用いられた手錠で胸を締め上げる際にチラリと見える「M」という文字が入った首輪に忠誠心の証を思い浮かべ、味わい深さを感じました。そのまま躊躇なく串刺しにしていくのですが、これが中々刺さらない。案の定ハンマーで打ちつけられ、最後は力まかせに押し込み、貫通させます。串が増える度に人間BBQと化していきます。放射線状に広がった串はまるで芸術作品のよう。

私の目がおかしくなければ『電流絞首刑』に出演されていた女優さんと同一人物なのですが、ここでもスタンガンが登場し、当てられる範囲が拡大した串に迷うことなく通電していきます。

今回は乳首に釣り針を刺し、繋がった糸をバケツに括り付け…勘の良い方ならもうお分かりでしょう。そのバケツに水を足していって、”おもり”にするのです。ゆっくりと上に引き上げられていく乳首は裂けてしまいそうになります。皮膚のポテンシャルと女優さんの忍耐力にかかったプレイですね。しかし、バケツが満タンになるまで注がれても裂けないのですから、相当頑丈な乳首をお持ちのようです。風見氏はバケツをまとめた麻縄を持ち上げては下ろして痛みを与え、ぬかりありませんね。

そして終盤の水が入ったまま釣り針を抜かれるシーンが一番痛そうです。ジワリと血が滲みだし、下乳を伝って落ちていきます。しかし、簡単には終わらせないのがPAIN GATE。
逆さ吊りにして、水を張ったプールに顔を沈めます。水にまつわるプレイで、しばらくはトラウマになりそうですね。


9.四肢噴塵(ししふんじん):獅子奮迅

PAIN GATE 四肢噴塵

タイトル PAIN GATE 四肢噴塵
配信開始日 2019年10月09日
収録時間 84分
価格 6,000円

受け手さんの身体を撫でまわしながら服を脱がせていく責め手さんにしょっぱなから愛情を感じます。受け手さんはスレンダーで気が強そうに見えるので、どう堕ちていくのかが楽しみです。

縛っていく傍ら、背景には様々な拷問器具が置かれており、緊張感のあるセットにドキドキします。最初は優しく乳首を触っていた責め手さんが豹変し、引っ張って虐めだします。そこに風見氏も加わり、強烈なキックを繰り出します。金蹴りのように”マン蹴り”され、甲高い悲鳴を上げるM女。身体をくねらせながらも避けようとはしません。前から後ろから脚でお腹を”餅つき”され、笑う責め手たち。

今度は竹刀で叩かれ、キスマークのようなクッキリとした内出血ができます。腰縄で吊られ、逆さになったM女はくるくると回るばかり。回らないよう手はコンクリートブロックで繋がれ、左右から鞭でしばかれます。

巻き鞭のときはリアクションが一味違いますね。リズムよく打たれると、それに合わせてM女も鳴き続けます。耐えがたかったのか、ブロックを持ち上げてはねてしまうほどです。

更に長い一本鞭を巻かせ、背中もお腹も真っ赤になります。この時ブロックで額辺りをぶつけてしまい、床は血の海になります。
出血なんてなんのその!と言わんばかりに、治療後は電流プレイに突入します。有刺鉄線をキツく巻かれてボンレスハム状態にされると、鼓動がよく見えます。

磔台に拘束され、スタンガンで責めていきます。マ〇コのビラにも電極を取り付け、チューニングを回すと、痛すぎで小刻みに震えだします。悲痛そうな声を無視して、スタンガン2台で胸にも電流を送ると、あまりの衝撃で声も出せなくなってしまいます。

まさに『苦悶乱舞』ですね。


10.苦悶乱舞(くもんらんぶ):狂喜乱舞

PAIN GATE 苦悶乱舞

 

タイトル PAIN GATE 苦悶乱舞
出演者 和泉しずく
配信開始日 2011年10月03日
収録時間 78分
価格 6,000円

いよいよ最後の作品紹介です。本作の特徴は縄、鞭、蝋燭による泣かせだと思います。

まずはパイパンM女の身体を素早く縛っていき、まずはジャケットの撮影。作品の顔と言える写真ですから、女優さんも真剣な眼差しです。これからどんなプレイをするのか、考えていたりするのでしょうか…。

プレイが始まると様々な体位に変えながら縛っていき、臀部が腫れるまでバラ鞭で叩きます。”吊り”を勉強中の方にもおすすめかもしれませんね。
乳首を優しく弄ったかと思えば胸全体をスパンキングしたり、精神を不安定にさせる良い調教だと思いました。お腹も徹底的に鞭で叩きあげ、叫ばせます。一つのプレイが終わるごとに受け手さんを抱きしめ、信頼関係を築くさまが美しいと感じました。

見るからに温度が高そうな蝋燭を乳首に垂らし、受け手さんを悶えさせます。縄の口枷でくぐもった声しか出せないところがいいですね。胸にとどまらず、肩、腕、臀部と全身に蝋を垂らしていきます。もちろん、固まった蝋は鞭ではたき落としていきますよ。吊られた状態での蝋燭プレイは動いて冷ませないので、少しキツいかもしれませんね。その証拠に、エビ反りに縛られたときは身体を震わせて耐えています。途切れることなく降ってくる蝋の雨にシンクロして動くお尻が可愛いです。しかも蝋燭を臀部のワレメに乗せたまま鞭を振るい、予測不能な所へ転がせます。マ〇コに垂れればすっごく熱いだろうなぁ…。

ようやく縄をほどいてもらったときには、安心からかグズグズ泣いてしまいます。そんな受け手さんをそっとサポートする責め手さんのダンディさに惚れますね。

SMにおける主従関係の裏側を垣間見れる作品だと思います。


PAIN GATEの裏側

Twitter

Twitter

Twitter

TwitterでPAIN GATEについて検索してみると、「女性の人権がー」とか「主演強制」なんて呟きがありましたが、女優さんの投稿を見る限り、嬉々として出演しているようですね。

中々理解してもらえないのは”SMあるある”だと思います。

まとめ

実に壮絶なプレイの数々でしたね!正直まだ語り切れていないシーンもあるので、気になった作品があれば迷わず見て頂きたいです。

想像を重要視するSMにおいて、同シリーズでは今後新しいプレイが誕生するのか?

それに耐えられる(悦ぶ)M女さんは現れるのか?

新作を楽しみにしたいと思います。

おすすめ最新ニュース